本页主题:  卓兄が瞠目している 打印 | 加为IE收藏 | 复制链接 | 收藏主题 | 上一主题 | 下一主题

qszbylqmx13
级别: 新手上路


精华: 0
发帖: 39
威望: 39 点
金钱: 390 RMB
贡献值: 0 点
注册时间:2013-05-10
最后登录:2013-11-16

  卓兄が瞠目している

「そんな……だって、確かに旅行先で僕がカメラ役を――」「写真は通りすがりの老夫婦にお願いしたんだ。お前はいなかった」バリー財布
 ――――――コヅ! 遠くで卓兄が呼ぶ声がする。 だけどもう、実体すら保っていられない。 卓兄が瞠目している。パーカー  万年筆
「それで……そこで初めて卓兄が――」 ――――ユリをちゃんと好きだと言ってくれた。「…………お前?」ポーター コラボ
「……そうか――そうだったんだ」 そう、確かに聞いたんだ。 僕の頭の中が雨上がりの空のように、急激に晴れてゆくのを感じた。バリーゆるキャラ
「コヅ? お前は本当にコヅなのか? それともまさか――」「うん。コヅだよ。今の僕はコヅなんだ。だけど全部思い出したから、もうコヅではいられない――ごめんね、卓兄。やっぱり僕は日本には行けない」ブランドバリー
 きっと今の僕の姿は……卓兄には見えていないに違いない。 妖君子の幻術と同じだ。今までは僕が僕を本物として認識していたから、僕は僕であることができた。だけど今はもう、コヅとしてはいられない。自分が何者であるのかを思い出してしまったから。夢が夢と認識した時、壊れ砕け散るもの。 この間は、卓兄が僕のことをコヅの上っ面だけだと言ったけど――そりゃそうだ。 僕はコヅの側面しか知らないから――――卓兄の知るコヅじゃない。 そう、私は…… ――――ユリが死ぬ前に残した想いの残滓。 力の弱い自分がたまらなく情けなくて、もしも自分がコヅちゃんと同じくらい強い力を持っていたなら、妖君子を倒せたんじゃないかなって――悔しくて悔しくて残ってしまった思いの欠片。 私――天津由莉歌はずっとコヅちゃんになりたいと思っていたから。 実家から自立してお金がないお金がないと言いながらも、頑張って働きながら大学に通ってたコヅちゃん。http://www.manbags.innovation-leadership.com 汪祢人と重ならない知識。それに記憶。 忘れていたんじゃない。 それを思い出してしまえばきっと、夢が終わってしまうから――僕はあえて記憶を封印していたんだ。パーカー  5thペン ――――卓兄の言う通り、僕の全ては夢幻だったんだ。「……そうだ……そうだったね。これ、ユリと卓兄の写真だった。ごめんね、卓兄。余計なことを思い出して、悲しいよね……」プラダメンズ
 そう、僕は思い出してしまったから。 記憶の扉が開放されたと同時に、僕の体がどんどん重みを失ってゆくのを感じだ。ダコタ財布
「おかしいよ、そんな……確かに僕は、卓兄やユリとラーメン屋めぐりして、雪まつり見て――」「確かに俺とユリはラーメン屋にも雪まつりにも行った」パーカー  5thペン
関連記事:

 
  http://test0124.siyue.net/bbs/forum.php?mod=viewthread&tid=5565333
 
  http://bbs.top-eap.com/jhbbs/forum.php?mod=viewthread&tid=1321854
 
  http://218.108.81.184/ckgdcz/Review.asp?NewsID=280
Posted: 2013-10-10 12:01 | [楼 主]
帖子浏览记录 版块浏览记录
PHPwind Board » 精品美图

Total 0.013114(s) query 3, Time now is:08-18 22:10, Gzip disabled
Powered by PHPWind v6.0 Certificate Code © 2003-07 PHPWind.com Corporation