查看完整版本: [--  僕は聞く --]

PHPwind Board -> 论坛事务 ->  僕は聞く [打印本页] 登录 -> 注册 -> 回复主题 -> 发表主题

zpleivew 2014-01-18 00:27
「さて、と。それじゃあ僕は、最後の下準備に取り掛かるとしよう。かりん、この場は君に一任するよ」
 返事を待たず、それは樹に向けて振り返る。
 そしてその手を幹の前にかざすと、その部分が大きく口を開け、入り口のような空洞が現れた,ugg ブーツ アウトレット
 そしてそれは、何事もなかったかのようにその中へと入っていく,ティンバーランド アウトレット
「っ、待ちやがれ……」
 反射的に真吾が立ち上がり、その背中を追おうとする。
「……やめて」
 が、それをかりんの低い声が静止させた。
「……もうやめて。あなた達では。束になっても。彼には勝てない。それを今。実感しているのでしょう,ugg ブーツ?」
「……っ」
 その言葉が間違いなく正論なだけに、真吾も言葉を返すことはできなかった。
 すでにそれの姿は樹の中へと消え去り、取り残されたように入り口だけがポッカリと口をあけている。
 来たければ来い。
 だが、それが意味することは分かっているな?
 まるでそう告げられているかのように。
「くそ……っ」
 その場に膝を崩し、地面に拳を叩きつける。
「……お願いがあるの,ugg ブーツ。もうこれ以上,ティンバーランド ブーツ メンズ。かかわらないで」
「……かりん、何を言って……」
「……聞いて。最後まで」
 何かを決意したようなその眼差しに、僕は気圧されそうになる。
「……このままじゃ,ugg メンズ。皆死んでしまう。大和も,ティンバーランド レディース。大和の仲間達も皆。だからもう。やめて」
「やめてって、どういうことよ……」
「……」
「このままアイツの好きにさせろっていうの? それがどういう意味か分かってる? アンタが言ってるのは、この世界の消滅を受け入れろって、そういうこと……」
「分かってる!」
 かりんが怒鳴った。
 その声も決して大声とは呼べないほどのものだったが、その大人しい外見からは想像もできないほどの悲痛な叫びだった。
「……お願いだから。もうこれ以上……」
 声が尻すぼみになっていく,ティンバーランド ブーツ
 聞き取れないほどに小さく掠れる声。
 胸の奥底から、本当に絞り出したような言葉。
「……かりん、教えて」
 僕は聞く。
 いや、聞かなくてはいけない気がした。
「どうしてかりんは、そこまでしてくれるの,uggアグ 激安? 僕達を死なせたくないから? そうだとしても、このままじゃ世界そのものが消えて、結局僕達も一緒に消えてしまう」
「……それは違う。確かに一度,ティンバーランド ブーツ メンズ。全ては無に還るけど。その先には再生が約束されている。その場所で,アグ ブーツ。また全てが元通りに修復される」
「違うよ,ティンバーランド アウトレット。そんなの、元通りでも何でもない。今ここにいる僕やかりんが一度消えて、仮に新しい世界で再生されたとしても、それはもう今の僕じゃないし、今のかりんじゃない。全くの別物だよ」
関連記事:

 
   雫も同じ気持ちらしく、未だに笑いを堪えて震えている
 
  言い訳は見苦しいですよ
 
  「その方、今、おいくつでしょうねぇ


查看完整版本: [--  僕は聞く --] [-- top --]


Powered by PHPWind v6.0 Code © 2003-05 PHPWind
Time 0.011442 second(s),query:3 Gzip disabled

You can contact us